便秘は体質!?

子供のころからお通じは不定期でした。

小学校の授業で、お通じは通常、1日1回だと教えられたときは非常に驚いたのを今でも覚えています。

私の場合、週に1~2回のお通じが普通で、1週間以上出ない時もあります。そんな生活でしたので、2週間ぐらい出なくても特別なことではなかったので、あまり気にしていなかったのですが、ある日、猛烈な腹痛があって半日トイレから出られなくなり、以来、あまり溜め込まないように、便秘薬を使うようになりました。

よく便秘は食生活が悪いからだ、という意見も聞きますが、私の場合は焼芋を1本食べても翌日のお通じがない状態で、これはもう、体質と思ってあきらめるしかないと思っています。

ただ、便秘薬にもいろいろあって、効きすぎるとかなりつらい思いをすることになります。

一般的な便秘薬だと、寝る前に飲めば翌朝……などとうたっていますが、便秘体質のわたしには、標準的な量では効きません。かといって、多く飲めばお腹が痛くなるので翌日に差支えるし、調整がとても難しいのです。善玉元気 評判

かかりつけのお医者さんの相談したところ、目薬のような容器に入った液体の便秘薬を処方してくれました。

液体なので薬の量を調整しやすく、これは本当に便利でした。

便秘薬の量で困っている人には、ぜひ、液体の薬をおすすめしたいです。

便秘が治らない時に薬ばかりはリスク有り

便秘対策として便秘薬を使う事は効果的ですが、便秘が起こる時に常に薬に頼ると言うのはリスクがあります。

確かにしつこい便秘に対抗して薬を使えば、一気に溜まっていた便が排泄されるのですが、それに頼ってしまうと体は薬に対して慣れてしまって効果が段々と薄れ、薬を使っても便秘改善が難しくなる可能性もあるのです。

腸の働きの力だけで便を排泄する力も衰えてしまいますから、薬の常用はリスクがあると言えますし、何とか腸の働きを高める方向性で改善する事が望ましいと言えます。

もちろん頑固な便秘を改善するのは至難の技と言えますし、まずは排泄する段階では便秘薬を使う事は有効であっても、排泄後の生活習慣が重要です。

排泄後は腸内環境が整っていない状態で、便秘がスッキリ改善したからと、油モノや甘いもの、消化に悪いものを沢山食べてしまうという方も居ます。善玉元気 評判

排泄後こそ腸内環境を整えるチャンスですから、腸内を掃除する食物繊維を摂取したり、腸の働きを高める乳酸菌等、善玉菌の量を増やすケアが望ましいです。

善玉菌優位の腸内環境を作れないと、便秘や下痢を繰り返す腸になってしまいますから、便秘薬は一旦腸内環境をリセットするチャンスと考えて利用が望ましく、その後のケアが必要になります。

便秘の原因は運動不足かも?

便秘が気になるという人の中には、食物繊維さえ摂れば何とかなると思っている人も多いでしょう。確かに食事は大切ですし、腸内の環境が善玉に傾くことでお通じも良くなることがあります。

食事を気をつけていてもあまり変化を感じられない場合には、運動不足も影響していると考えられます。特に腹筋が弱っていると、腸のぜん動にも影響があります。

筋トレをして適度に筋肉をつけておくことは必要なことです。また便秘は自律神経などの乱れも影響しています。精神的なことや生活リズムの乱れなどから自律神経のバランスが崩れると消化器官の働きが悪くなります。 http://www.r-cr.jp/

食事に気をつけているだけでは便秘が良くならないのは、自律神経が乱れていることも考えられます。ここで適度に運動をすると、ストレスを解消すると共に自律神経を整えることが出来ます。血行も良くなりますし、体全体が整って調子も良く感じられます。

理由が分からず便秘に悩まされるという場合には、運動をすることが効果的です。ただこの運動というのは、とにかくハードな運動ならいいということはありません。便秘に効果的な運動で一番手軽に出来るのがウォーキングです。

ウォーキングのような有酸素運動は、胃腸の働きに関係する副交感神経を活発にします。1日に20~30分ほどできると効果にも期待が出来ますが、まずは1日5分程度から始めてみると良いですね。

便秘薬はいつ効果が現れるかわかりません

私は便秘症で、通院している大学病院で下剤を処方してもらっているのですが、なかなか効きません。体に耐性ができて、通常寝る前に1錠飲むものを8錠飲んでもなかなか便通が来ないことが多いのです。

私が処方されている便秘薬はプルゼニドというものですが、小さな茶色の錠剤です。

このプルゼニドは腸を動かす働きがあって、排便をもよおすようにできているのですが、お腹が痛くなることが多くて、飲む量を減らすとお腹は痛くならないのですが、排便ができないということになってしまいます。 http://www.timber-co.jp/

夜寝る前に下剤を飲むとまだ眠い時に排便の感じがしてきてすごく辛いのです。

それで、朝飲むようにして、どこにも出かける必要がない時に飲むようにしています。

私は一人暮らしなので、下剤を飲んでいる時に宅急便の配達などがありそうな時には、とても困ります。いつトイレに行きたくなるのかわからないので、トイレに入っている間にインターホーンが鳴っても気づかないので、不在票が入っていたりするのです。

私の便秘は10日くらい便通がない時があるので、非常に深刻です。食物繊維を摂るようにはしているのですが、あまり効果を感じないので、やっぱり病院のお薬に頼ってしまいます。

便秘の解消にコーラを愛飲しています

精神的ダメージが腸にくるタイプであるため、嫌な事があるとすぐに便秘してしまいます。普段は割とお通じが順調なので、便秘になると出ない事にものすごくストレスを感じ、それがまたストレスの原因となる…という悪循環に陥ってしまいます。

そんな私が行っている対処法は、「コーラを飲む」事です。詰まったまま我慢していても治らない事は、経験上良く分かっているので、少しでも「便秘だ」と感じたら、即、飲むようにしています。

コーラが便秘解消に役立つ理由として、まずは「炭酸水の効果」が挙げられると思います。少し前に「セレブが愛飲している」と、注目された炭酸水。あの時「便秘解消効果」も盛んに言われましたよね。

もちろん、あの時話題になったのは無糖の炭酸水で、コーラではありませんでした。しかし便秘に関する限り、ただの炭酸水よりコーラの方が、効果が高いと私は思っています。理由はたっぷり入っている「砂糖」と「カフェイン」。砂糖は便を柔らかくする作用、カフェインには腸を刺激して、蠕動運動を引き起こす作用があります。特に砂糖は、水に溶いて赤ちゃんの便秘に使われるほど。信頼できますよね。善玉元気 評判

個人的には「コーラを飲むと気分が良くなる」という点も見逃せません。ストレス性の便秘なので、有難さが身に沁みます。気が弱いそこのあなた!コーラを飲んでアメリカンな気分で便秘を治しましょう。