便秘が治らない時に薬ばかりはリスク有り

便秘対策として便秘薬を使う事は効果的ですが、便秘が起こる時に常に薬に頼ると言うのはリスクがあります。

確かにしつこい便秘に対抗して薬を使えば、一気に溜まっていた便が排泄されるのですが、それに頼ってしまうと体は薬に対して慣れてしまって効果が段々と薄れ、薬を使っても便秘改善が難しくなる可能性もあるのです。

腸の働きの力だけで便を排泄する力も衰えてしまいますから、薬の常用はリスクがあると言えますし、何とか腸の働きを高める方向性で改善する事が望ましいと言えます。

もちろん頑固な便秘を改善するのは至難の技と言えますし、まずは排泄する段階では便秘薬を使う事は有効であっても、排泄後の生活習慣が重要です。

排泄後は腸内環境が整っていない状態で、便秘がスッキリ改善したからと、油モノや甘いもの、消化に悪いものを沢山食べてしまうという方も居ます。善玉元気 評判

排泄後こそ腸内環境を整えるチャンスですから、腸内を掃除する食物繊維を摂取したり、腸の働きを高める乳酸菌等、善玉菌の量を増やすケアが望ましいです。

善玉菌優位の腸内環境を作れないと、便秘や下痢を繰り返す腸になってしまいますから、便秘薬は一旦腸内環境をリセットするチャンスと考えて利用が望ましく、その後のケアが必要になります。