私が飼っていた可愛いペットの犬

私は以前にペットを飼っていたのですがそれはそれは可愛がっておりました。
ペットの種類は犬であり、キャバリアキングチャールズスパニエルという種類でした。
とても可愛らしい顔をしており、やや痩せすぎですがスタイルも良かったです。
毛並みも良く、胸元の毛は白く、くるくるとパーマが掛かっており、耳の毛も愛らしくカールを巻いていました。
可愛いのは何よりもその仕草や性格であり、飼い始めた当初は親しみも無かったのでただのペットの犬としか思っていなかったのですが、年月が経つにつれて愛着が沸いてきて、晩年には溺愛をしておりました。ドッグフード 口コミ

雷が鳴るとかなり怖いらしく、私が入っている布団に入って守って欲しくてたまらないようだったのですが、私はペットは人間の布団に入れてはいけないという、しつけの仕方を知っていましたし、犬の毛により布団が汚れてしまうのを避けたかったので、布団の隣に犬の小屋代わりにしているダンボールを置き、隣で眠りました。
元気が良すぎるために激しく走るのですが、私にとってはどこにそんな元気があるのかと不思議に思えました。
寒い日には抱っこをねだってきて、長時間人間のひざにて眠っておりました。
鼻が特に寒いようであり、濡れた鼻を人間の服に突っ込んできていました。
とても可愛いそんなペットは私の人生において多大な財産となりました。
今でもよく思い出すのですが、亡くなっているとはいえ全く悲しい気持ちにはならずに楽しい思い出ばかり想像をします。